山形大学を選んだきっかけ

山形大学を選ぶ前

私は札幌出身であり、山形大学を選択する前は札幌医科大学を志望していました。ですが、札幌医科大学の問題は難しく、正直、センター試験で800点以上取っても受からない気がしてきていました。旭川医科大学に関しても、集団討論が150点、数学と英語が100点ずつで数学がかなり難しく、過去問をやっても4割取れるかどうかも怪しく、受かる気が全くしませんでした。

見つけたのは偶然でした

五月中旬のある日、札幌の大通にあるブックオフに立ち寄った時でした。ブックオフに行ったのは漫画を探すためでしたが、参考書コーナーで偶然に山形大学の赤本が300円くらいで安売りしているのを発見しました。「山形なら仙台近くて則本が先発の日に楽天をすぐに観に行けるから山形もありだから、ちょっと見てみるか」という軽い気持ちで過去問を覗いてみました。

それで覗いてみると、「これなら受かれそう」と感じて、その場で購入して家に帰って解いてみました。実際に解いてみて、「センター750と仮定して、問題なく合格出来る」「医学科では珍しく現代文あるけど、これは簡単」と感じて、その日から山形大学志望になりました。

感想

もし、ブックオフで山形大学の赤本があの時に無かったらそのまま札幌医科大学を志望続けていたかもしれません。もしそうなったら、今でも受験勉強を続けていたのかもしれません。



八浪目
七浪目
国立大医学部を目指す人へ
共通テストが低かった君へ 山形大学医学部合格戦略
調査書の点数化に関して

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました